カプチーノ 女子高生 セクキャバ

MENU

ツインテール女学生のキス攻めにあった「カプチーノ」

博多の風俗管理人ドルジは、最近コスプレにハマッています。ルックスやスタイルが好みから外れていても、セーラー服やメイド、そしてナースの衣装を着せるとムラムラしてくるのです。ということで今回は、学園系コスプレで人気があるセクキャバ「カプチーノ」の話をします。

 

博多の街窓ビルにはコスプレ系が2店舗ある

博多の風俗でコスプレ系の店は、中州1丁目と南新地の風俗街にあるヘルス、そして歓楽街のセクキャバがあります。学園系のセーラー服・体操服・スクール水着があり、診療系にはナースと女医さんがいるのです。ほかにも「ご主人さま お帰りなさいませ」のメイド系や、OLのパンスト破りと人妻の裸エプロンもありました。非日常的なイメージプレイにより、いつもの何倍もエキサイトしてしまうのです。コスプレを楽しめるセクキャバを探したら、中州3丁目の街窓ビルに学園系とOL系のコスプレ店がありました。

 

学園系コスプレ店は女の子のドリンク無料

街窓ビルの2階はセクキャバ「カプチーノ」で学園系になり、3階はワイシャツコスプレの「ビビアン」でした。カプチーノとビビアンは系列店で、時々合流イベントを開催するそうです。1日でハシゴしたい気持ちはありますが、今回は「カプチーノ」に出陣します。システムは、夜6時30分から9時まで40分5,000円になっており、9時以降は40分6,000円ですが、ネット割適用で1,000円割引になります。お気に入りを指名すると2,000円かかりますが、女の子のドリンク無料はうれしいと思います。

 

店の前に立っている客引きに注意しよう

国体道路の歓楽街入り口から中州中央通りを進み、ロマン通りと交差する十字路を通りこし、福岡県警察中州特別捜査隊の先に街窓ビルがみえてきました。しかし、店の入り口に呼び込みが3人立っているので通りすぎ、セブンイレブンで缶ビールを買って飲みながら戻ります。フリーの呼び込みに案内されるだけで、1,000円から2,000円も余分に支払うからです。そんな金があれば、女の子を指名したほうが喜ばれます。缶ビールをゴミ箱にポイと入れ、呼び込みが他の客に群がっている間に入り込みました。

 

ツインテールの女子高生はキス魔だった

受付で料金を支払い店内に入ると、ギャル系キャバクラのような造りでした。ボックスに座り女の子をチェックしたら、白いブラウスに赤やブルーのタイをした女子学生風コスプレです。セーラー服をイメージしていたけどハズレですが、そこそこ学園系のイメージはあります。席にやってきたのは、ツインテールが似合う今風ギャルでした。タバコが1本のりそうな付けまつ毛に、真っ赤なルージュをしているのです。チュッチュッチュッとキスして笑いながら、コンパクトの鏡を見せてくれます。顔中にキスマークがハッキリ映っていました。
日本ツインテール協会をチェック

 

おっぱいパブのサービスタイムは店内真っ暗

生ビールとオレンジジュースで乾杯し、キス攻めに耐えていると照明が暗くなりました。女の子はひざの上にまたがり腰を動かしながら、オッパイを押し付けてきます。胸のボタンを1個はずして様子をみるとOKなんです。もう1個はずすと胸の谷間がみえてきました。3個めはあかんやろ…と思いながらはずせば、生オッパイとご対面です。ピンと立っている乳首に吸い付き、腰を手前に引いて楽しんでいたら、オチンチンが大きくなってきました。

 

サービスタイムが終了すると、店員がボックスに来て延長を聞くのです。延長したい気持ちはあるけど、これ以上のサービスは望めないと判断しました。女の子の名刺をもらい帰ろうとしたら、ティッシュでキスマークを消してくれます。店をでると呼び込みに囲まれ「お兄さんもう一軒いきましょう」とか「1万円ポッキリで抜きまでいけます」と声をかけてきます。博多のセクキャバには、店内で追加料金を取る「たけのこ店」があるのです。風俗初心者や出張者の方は、客引きを無視してください。

 

セクキャバ体験談in中洲