中洲 パピネス福岡 ソープ

MENU

ほぼ女子高生にイラマチオに満足!風俗!「パピネス福岡」

博多は不夜城として有名な歓楽街ですが、箱物風俗店は深夜1時ごろに閉店します。その後は店の看板やネオンを消して、内緒で営業している店も多いのです。博多のソープは早朝割引もありますが、基本的に昼と夜の二部制分かれています。地元の風俗書き込みによると、出張者が新幹線や飛行機で帰社する前に、チェックアウト後の時間調整で昼に抜くことがあるそうです。

 

博多駅から中州までは歩いて15分少々

会社帰りの夕食は、博多駅となりのヨドバシカメラ博多4階のある「七色食堂」です。ばかうま南蛮定食800円を完食したら、駅反対側の住吉通りの信号を突き進み中州まで歩きます。福岡川の向こうが中洲1丁目と南新地のソープで、歓楽街のネオンサインと違ってみえるのです。無料案内所のマンゾクステーションに立ち寄り、本日の割引チケットをもらおうとしたら、ゲリライベントをやってるソープ「ハピネス福岡」をススメられました。

 

即姫は2ヶ月前まで現役女子高生だった

ハピネス福岡のゲリライベントは、通常60分25,000円のところ総額17,000円ポッキリでした。無料案内所の店員に場所を聞くと、このビルの2階だそうです。店に電話して1分!ソープのスタッフが迎えに来てくれました。フロントで総額を支払いモニターで即姫をチェック、誰にしようか迷っていたら新人の18歳をススメてくれます。ほっぺに幼さは残っていますが、小悪魔的な魅力を感じたので決定しました。スタッフから、2ヶ月前は現役の女子高生といわれてオチンチンがピクピクしています。

 

即姫は背が低いけど巨乳のロリタイプ

時間が早かったので待合室には誰もいません。席数は8人ぐらいの狭い部屋で、待ち時間がある場合は外出チケットをくれるそうです。目の前の国体道路を渡れば中州の歓楽街だし、那珂川にでれば屋台が並んでいるから、混んでいても時間がつぶせるよな…と思っていると案内の声がかかりました。階段の下で待っていた姫は、背が低いけどオッパイの大きいロリタイプだったのです。写真で身長までは分かりません。

 

ルックスとスタイルよりも身長差が問題

部屋の中は、リニューアルしたばかりのように清潔できれいでした。黒い皮ばりのソファーとセミダブルのベッドがあり、バスルームも広々としているのです。あらためて姫のルックスとスタイルを確認すると、幼い顔に巨乳のアンバランスが性欲をそそります。問題は、二人の身長差がプレイにどんな影響をあたえるかです。キスする時に姫が背伸びしても、前かがみにならないと届きません。ラブコミックの恋人たちを思いだすファーストキスでした。

 

18歳のイラマチオに耐えきれず口内発射

フルアシストで服を脱がせてもらい、手をつないでバスルームに直行です。スケベ椅子に座っても、普通の洗い方であまり意味がありません。混浴での潜望鏡は上目使いで「ねえ どこが気持ちいいの!」と目で訴えかけていました。バスタブから上がりマットに移動して、仰向けに寝ればスタンバイ完了です。キスから乳首なめ、玉なめにアナルなめ、仕上げはジュルジュル音をだしながらのバキュームフェラです。顔をグルグル回したり、亀頭を中心に高速ピストン!可愛い口がどんどんオチンチンの根元に向かっていくのです。18歳のイラマチオに耐えきれず、口内発射したのは初めてでした。

 

18歳の新人さんはマットプレイを勉強中

姫はマットプレイを勉強中ということで、テクニックは正直いって物足りません。というよりも、アソコを太ももやオチンチンにこすり付けて感じまくりです。まるで、オナニーしているようなマットプレイでした。体が冷えてきたのでプレイを中断し、混浴で体温が回復してからベッドに移動します。お姫さま抱っこすると首に手をまわし、目をジッとみつめてくるのです。ベッドではオチンチンが回復するまで責めさせもらいました。

 

18歳にしては感度がよく、全身性感帯のように感じてくれます。正常位で1回、騎乗位で1回、後背位でも1回逝ってもらいました。時間ギリギリ最後の発射は、コンパクトボディーだからできる「お弁当箱スタイル」で決めたのです。

 

地元民がオススメする中洲ソープ特集